サロンでゆるから
活動

長池サロンでゆるから

12月23日、長池公園自然館で開かれているサロンへ講師として行ってきました。

ゆる〜く空手を活用したフィットネス「ゆるから」を体験していただく前に、参加者に空手のイメージは?と聞くと「厳しい!」と答えが返ってきました。予想はしていましたが「厳しい、痛い、怖い」など負のイメージを持っておられました。負のイメージを持ったまま始めると、体がこわばり楽しんでもらえないと考え、指の運動も兼ねて脳へ刺激を与えるために後出しジャンケンから始めました。

後出しジャンケンで緊張がゆるんだ後に、ウオーミングアップ。参加者は60~80歳代の方で中には、足の悪い方もおられたため椅子に座ってできる運動で進めます。ストレッチする時はタオルを使って手の握る力を鍛えながら、伸ばしたいところを効果的にストレッチ。鉄騎初段の形を活用した運動では、ペットボトルも用いて体の中心を意識して体幹を鍛えられる運動をしました。突きの運動後は新聞紙割り、そしてクールダウン。

最後に空手のイメージは?と聞くと「空手エクササイズ楽しかったです!」と感想をいただき、怪我無く無事終了しました。

 

ゆるからで出番が終わった後は、そのままプログラムに参加。ウクレレ伴奏付きで歌を歌い、布ボールを使ってのレクリエーション。最後はサロン名物の布地ボール投げで大いに盛り上がりました。講師で行きましたが、逆に楽しませていただきました。

 

投稿者

ganko
ganko@chikaz.co.jp
100年寿命といわれる時代の半あたりを歩いています。これからはゆる~く楽しくい生きたから健康が大事!と考えています。食べることが好き、空手も好き、写真も好き。健康や食事のこと、親を介護した経験から認知症予防にも役立つ情報、ゆる~く空手に関する話など綴っていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です